冬 マイナス40度の世界
2005-12-12 Mon 17:25
私の実家は北海道 和寒町(富良野から旭川方面の少し上)
その町名のごとく、冬はなまら寒い(なまら とは ものすごくと言う意味)
中学校のとき、朝テレビで-25℃になると学校が一時間遅れ
-30℃になると学校は休み。
一時、-30℃の日が3日続き、さすがに学校もやばいと思って
1時間遅れに変更されてしまいました。
昔も家だったんで「今日はかなり寒いぞー、休みかなー 一時間遅れかなー」
なんて寝ながら感じる。なぜかって言うと
子供部屋に朝からストーブに火がついているはずもなく
窓からすきま風ピユーッて感じだから 朝から寒い
居間に下りていくと、石炭ストーブがごうごうと燃えていてものすごく熱い
この石炭ストーブのアク・・ガラ・・を外に捨てにいかさられるんだけど
それがまた、いやでいやで仕方なかった
なんせ、居間では半袖で居るからジャンバー着るのも面倒だから
そのまま外に出ると・・・空気が刺さる
外はキラキラ スターダスト それも毎日
大人になって、広告を見ると、北海道スキーツアー・・・・・
スターダストも見れる。 そんなの毎日見てたぞ
昔はそんな名前もなかったような気がする。
寒い地域で育ったから思うんだけど、
住宅は全室暖房にするべきだよね、あったかい家は絶対いいよ
のびのび暮らせるしさ、健康にもいい
私は、暖かい家を今後も提案していこう、追求していこうと思う。


別窓 | 未分類 | | |
| ウェルズホーム社長日記 |